eye

201607

2016/07/16

【咏叹】まふまふ - 鏡花水月

别怪我没提醒——03:22注意调大音量,切记!!






まふまふ

 

曲:まふまふ

歌:まふまふ

:彼岸之

 

「はぐれないように」とつぶやいて

「千万别走散了」我轻声地嘟哝着

仆(ぼく)の裾(すそ)をつかんだ

而你紧紧拉着我的衣襟

静(しず)けさがずっと続(つづ)いたような

时间依旧悄无声息地流逝而过

あの夏空(なつそら)の下(した)

就在夏夜那青空之下

 

五月闇(さつきやみ)が明(あ)けて

梅雨之夜中闪烁荧火

瞳(ひとみ)の映写机(えいしゃき)の中(なか)

瞳孔之中那倒映出的世界

走(はし)リ寄(よ)る 君(きみ)の(いと)しさ

一路狂奔后 是你曾爱的一切

もう 戻(もど)れない

已经 不再复现

 
 

時(とき)が夜(よる)を連(つ)れて

夜渐深 你却渐行渐远

君(きみ)と見(み)ていた空(そら)を

曾与你共赏的这片夜空

暗(くら)く染(そ)め上(あ)げる

已然孤悬神无之月

空葬(からとむら)い 明日(あした)の先(さき)に

空之葬 而如今你却到底在何方

ねえ まだ君(きみ)はいますか

 ねえ 可是那遥远的明天

 

 

 

行(ゆ)き交(か)う誰(だれ)かによそ(み)して

车水马龙之中是谁在翘首以盼

君(きみ)を怒(おこ)らせたこと

嬉笑打闹也宛若家常便饭

そんな幸(しあわ)せと待(ま)ち合(あ)わせ

祈愿时间稍微驻足这温馨一刻

あの神社(じんじゃ)の側(そば)

就在神社佑护之下


 

すれ違(ちが)って 空蝉(うつせみ)

擦身而过 背影是落寞

きっと辿(たど)れば横恋慕(よこれんぼ)

呼之欲出深藏心底的爱恋

「気付(きづ)かないフリしたくせに」

「一定会假装着没发现吧?」

ってさ 君(きみ)は言(い)う?

你、会如此说吗?


 

飽(あ)きるまで見(み)ていた 君(きみ)と見(み)ていた

曾经那百看不厌的 与你并肩共赏的

空(そら)は何処(どこ)まで続(つづ)くの?

那片夜空是否已随风飘散?

続(つづ)かないのは花火(はなび)の音(ね)や

未曾完结的花火 消逝的云烟

そう 二人(ふたり)の恋(こい)

そう 那是你我所恋

今(いま)は 触(さわ)れないものや忘(わす)れたものを

现如今 那些指缝间流逝的 那些心底沉封的

ひとつ ふたつ 数(かぞ)えていく

一二三 再次细数往日温馨

水(みず)に写(うつ)る月(つき)の色(いろ)とか

指尖拂过水面以月色书写

あの細(ほそ)い指先(ゆびさき)とか

宛若你依旧还在我身边

 


 

梦(ゆめ)のまにまに

 梦境的随风而散



 

 

また何度(なんど)も また何度(なんど)でも

无论是多少次  无论是多少次啊

あの花火(はなび)を観(み)に行(い)くんだ

我都会再次去看那烟火

仆(ぼく)はまだ  君(きみ)が好(す)きだよ

依旧心存希望 人海再遇到那身影

ねえ

 



(ひとり しないて…)

不要让我,孤身一人……



 

梦花火(ゆめはなび) 灯(とも)れ 赤白黄色(あかしろきんいろ)

梦幻的花火 映照出 赤橙黄绿青蓝紫

仆(ぼく)とあの子(こ)の間(あいだ)で

你我牵手穿梭于彩虹之间

目(め)を塞(ふさ)いできたその全(すべ)て

闭上双眼用身心去感受这一切

今(いま) 思(おも)い出(だ)させて

 此刻 将怀念变为相见

宵時(よいとき)が夜(よる)を連(つ)れて

不觉夜已深 你却渐行渐远

君(きみ)と(み)ていた空(そら)を

曾与你共赏的这片夜空

暗(くら)く染(そ)め上(あ)げる

已然孤悬神无之月

小(ちい)さくなった音(おと)の先(さき)に

耳边再次传来那轻声的呢喃

ねえ まだ君(きみ)はいますか

你其实还在这里 对吧?

ねえ

继续阅读

2016/07/13

【咏叹】凋叶棕 - どうして…

凋叶棕 宴

(↑图片提取自网易云音乐-凋叶棕-宴页面,侵删)




どうして…
為什麼……】

 
原曲:少女想曲/の巫女/春色小怪
唄:めらみぽっぷ
专辑:宴
:彼岸之


翳(かげ)る日暮(ひぐ)れにふと向(むか)う眼差(めさ)しの先(さき)
黄昏依旧按照着既定的轨道运行
言叶を失(な)くした景色の中あなたは居て
有你在的地方宛若一幅无法言状的画卷
人は儚(はかな)くも雪(ゆき)のように消えゆくものならば
如雪的人生不过是一场终将消逝的梦境
この思いさえも共(もろとも)に消えてしまえばいい
即便如此这份心意也永不消弭
春は旅(たび)。朝に此処を発(は)つ日のこと。
春的旅程,朝霞伴着晨晖从此出发
夏の度(たび)。二人の夜()を思う。
夏的驿站,于此共度两人的良宵
秋(あき)の闇(やみ)。夕暮(ゆうぐ)より暗(くら)く。
秋的夜晚,夕阳已然日落西山
冬(ふゆ)を呼(よ)び。四季(しき)はめぐり。
冬的呼啸,四季就此流转
桜舞う。(はな)やかな宴(うたげ)の最中(さなか)
樱花飞舞着,喧嚣的盛宴被拥向高潮
星は降(ふ)る。あなたに降(ふ)り注(そそ)ぐ。
星尘洒落着,你从天空中乘风归来
月が照(て)る。二人の影(かげ)作(つく)る。
月光照耀着,拉出二人斑驳的影迹
雪積(つ)もる。巡(めぐ)り巡る。
白雪覆盖着,岁月一圈圈轮转
それでもあなたは(とお)い…
而你我已然如此遥不可及……
 
 
ねぇ、どうして
呐,为何啊
あなたは私をてくれないの
你的世界里总是没有我的身影啊
あなたはているの
你的世界里到底有谁存在着
ねぇ、どうして
呐,为何啊
あなたをいつでも探(さが)しているの
无时无刻一直在苦苦寻觅的你
あなたはいったいどこにいるの
此时此刻究竟在哪里躲避着我啊
ねぇ、か…
呐,有谁能……
教えて…
告诉我啊……





四季(しき)は移(うつ)ろい変われども変わらぬもの一つ
多少年华流逝沧海桑田始终如一
几年(とし)も抱(いだ)き続けたもの心の中に
无论岁月几何依旧将你深藏于心底
几度(いくたび)と呼べどぞ届かぬこの儚き声は
几度呼唤却只能化作悲叹的话音
(さなが)ら咏(よ)み人知らずの歌のように
宛若那歌咏的诗篇自远方悠悠响起
魔(ま)を封(ふう)じ。あの日、出会(であ)いは唐突(とうとつ)に。
魔罗的封印;那一刻唐突的相遇。
——th02 東方封魔录

梦の。本当に梦のよう。
虚幻的时空;也不过只是一场虚幻。
——th03 東方梦时空

幻想(げんそう)は。どこまでも続く。
幻想的结界;究竟又该归往何方。
——th04 東方幻想乡

怪奇(かいき)の。手にかかる様で。
奇异的世界;合拢在十指之间。
——th05 東方怪绮谈

命は。二人を定(さだ)むのか
绯色的命运;二人的未来早已注定。
——th06 東方红魔乡

妖(あや)し梦。幻(まぼろし)をせるか。
妖冶的梦臆;眺望着那少女的梦境。

永久(とわ)の夜。何処まで続くのか。
永远的长夜;又该从何处出发。
——th08 方永

そして春はまた巡る。
又是一年春的来临。
それでもあなたはい…
而你我已然如此遥不可及……
 
 
 
 
ねぇ、どうして
ねぇ,为何啊
あなたは私を見てくれないの
你的世界里总是没有我的身影啊
あなたはているの
你的世界里到底有谁存在着
ねぇ、どうして
ねぇ,为何啊
あなたをいつでも探しているの
无时无刻一直在苦苦寻觅的你
あなたはいったいどこにいるの
此时此刻究竟在哪里躲避着我啊
ねぇ、か…
ねぇ,有谁能……
教えて…
告诉我啊……
 

继续阅读

计数器