eye

2015/11/07

【Earth】鹿目圆 - また あした【明天 再见】

鹿目圆 - また あした【明天 再见】

Translate : 彼岸の幻

それじゃまたねって 手(て)を振(ふ)って
|挥舞着手臂说着“那再见了”
无理(むり)に笑(わら)って 寂(さび)しくなって
|无故欢笑背后 依旧是孤单与寂寞

歩道桥(ほどうきょう)自転车(じてんしゃ) 抱(かか)えて上(のぼ)る人(ひと)
|有人扛着单车攀上天桥
コンピニ(company)谁(だれ)かの噂话(うわさばなし)
|小店里某人传出的闲言碎语
交差点(こうさてん)信号(しんごう) 远(とお)くのクラクション(klaxon)
|十字路口的信号灯下 悠久遥远的汽笛声中
知(し)らない谁(だれ)かの 笑(わら)いあう声(こえ)
|飘来不知是谁的欢声笑语
今日(きょう)は一人(ひとり)で歩(ある)く 通(かよ)い惯(な)れた街(まち)
|如今独自漫步 在这早已熟悉的街道上
でもいつもよりもなんだか
|可有时却会莫名感觉
自分(じぶん)がちょっと 小(ちい)さく思(おも)えるよ
|自己的心底 似曾潜藏着些许怀念

それじゃまたねって 手(て)を振(ふ)って
|挥舞着手臂说着“那再见了”
笑颜(えがお)を作(つく)って 寂(さび)しくなって
|强颜欢笑过后 依旧是孤单与寂寥
本当(ほんとう)はまだ话(はな)し足(た)りないけど
|其实心中还有未道尽的离情别绪啊
それじゃまたねって言叶(ことば)で
|道别背后悄悄掩藏的话语
「また会(あ)える」って嘘(うそ)をついて
|用“还能再次相会”的谎言
いつも通(とお)りの 笑颜(えがお)で言(い)うよ
|以同往昔一样的笑颜说出
また あした
|明天 再见

ひとりには惯(な)れてる振(ふ)りをしてるけど
|假装自己早已习惯了这份孤独
本当(ほんとう)はそんなに强(つよ)くないし
|然而其实我并没有那么坚强啊
いつもと同(どう)じ景色(けしき) いつもと同(どう)じ街(まち)
|那似曾相识的景色 似曾相识的街道
何(なに)も変(か)わらないはずなのに
|明明毫无变化的地方
自分(じぶん)だけが 小(ちい)さく思(おも)えるよ
|自己的心底 却似曾潜藏着些许留恋

それじゃまたね じゃなくて
|目送着轻声说着“那再见了”
「あと少(すこ)し」って言(い)えばよかった
|好像这不过是一次小小的分别
気(き)がついてほしくて 期待(きたい)していたけど
|即便如此 心中依旧怀揣着些许祈愿
それじゃまたねって言叶(ことば)で
|道别背后悄悄掩藏的话语
また自分(じぶん)に 嘘(うそ)をついて
|如是一再试图自欺欺人着
いつも通(とお)りの 笑颜(えがお)で隠(かく)す
|以同往昔一样的笑容 隐藏起了
この気持(きも)ち
|这份心情啊

それじゃまたねって 手(て)を振(ふ)って
|挥舞着手臂说着“那再见了”
笑颜(えがお)を作(つく)って 寂(さび)しくなって
|强颜欢笑过后 依旧是孤单与寂寥
本当(ほんとう)はまだ话(はな)し足(た)りないけど
|其实心中还有未道尽的离情别绪啊
それじゃまたねって声(こえ)さえ
|道别背后悄悄掩藏的心意
届(とど)かないほど 近(ちか)くて远(とお)い
|尽管无力抵达啊 却仍在跋涉向远方
いつも通(とお)りにもう一度(いちど)だけ 言(い)わせて
|再度同往昔一样地 说出了
また あした
|明天 再见




小圆的角色歌,表达了小圆的心声;在剧场版《叛逆的物语》放映后我更是确信了这一点。
在花海中,小圆为焰重新编起了麻花辫,耳语着。“我怎么会抛下小焰一个人呢……”是啊,怎么会呢,其实她也未尝不是承受着不舍与孤独而离去的呢……

回到前作吧,在魔女之夜来临的前夜,还只是一名普通少女的她却知晓了一切。
拥有着拯救世界,拯救大家的力量的她,在自己与世界之间,她选择了救赎。
牺牲自己,以换来世界的和平,与所有魔法少女的安宁。
尽管不舍让焰孤身一人,但她依旧选择了这条不归路。不是为了什么,只是因为她知道她拥有能够改变因果的可能性,她有这份【责任】。
正是这种奉献主义,成就了她在二次元屹立不动的声望。

为什么有时会出现“Bad End才是True End”这种呼声呢,或许也是因为这个原因吧。有些人更“喜欢”有意义的牺牲,而非略显无脑的HappyEnd。一遍一遍地哭,却还要一遍一遍地看……
而老虚似乎很擅长用这种手法,于是留下了他“爱的战士”的赫赫威名……
所以说,观众都是抖M。(笑)

我的Persona理论,现在也恰好构建到这个阶段——
嘛,所以说,拭去泪水吧,疼痛是用来承担的,而笑脸才是展现给他人看的说。
「また あした」





再 见

再 相见

留言

秘密留言

计数器